秋も深まり、今年の自然学校・林間学校シーズンもまもなく終わりを迎えようとしています。

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け紆余曲折がありながらも、日程や内容を変更して自然学校を行われた学校の児童の皆さんの、兵庫県最高峰『氷ノ山(ひょうのせん)』をみんなで臨みながらの1枚。

ハチ高原 やまなみ 自然学校

空から陽光が差し、やまなみ前の丘にはススキの穂がゆれる、気持ちの良い秋の日です。

寒さも増してきましたが、空気の澄んだ夜空には、大迫力の星空も見られましたね(*^-^*)

 

 

 

例年と違って、できなかったことや制限もある中での自然学校でしたが、いつも通りのことができなくても、目の前の困難をなんとか乗り越えようと工夫して実施できた自然学校の思い出が、これからの人生で皆さんの力になってくれることをハチ高原から願っています。

 

 

 

これからも、仲良く健康に気を付けて成長していってください。

またいつか、懐かしいハチ高原に遊びに来てくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です