防火教室に参加しました

こんにちは。

今週に入り、気温がだんだんと下がってきました。
本日お昼の気温は10度。空気は冷たいですが、お天気の良い日は日なたでは暖かさを感じられます。
本日はお天気も良く、登山に来られている方々も多くいらっしゃいました。

さて、本日はハチ高原で南但消防本部 養父消防署の主催する「防火教室」が行われ、やまなみも参加してきました!
防火教室

旅館関係者の参加が多かったため、これからのスキーシーズンにお客様をお迎えする際に日常で注意しなければならない防火に関する知識や、危険なポイントなどを中心とした解説があった後、実際にホテルで火災が起きたと想定し、参加者全員で避難誘導・初期消火・消防署への通報などの模擬訓練を行いました。
最後に、上の写真の消化器を使っての消火訓練を行いました!

防火の設備とともに、それを冷静に扱えるよう、いざというときのために日頃からの訓練をしておくことの大切さを実感しました。

 

また、設備に関しては、やまなみではこの11月にオープンする新館の構造を鉄筋コンクリートとしており、火災の際の安全性の高さを重視しています。また、館内の自動火災報知設備、避難誘導灯、避難経路図の設置なども、もちろん消防法の基準をしっかり満たすものとなっています。

今年に入ってからも各地で旅館や簡易宿所などでの火災のニュースが聞かれますが、宿泊施設であるやまなみもご利用いただくお客様の命をお預かりする責任を果たすため、これからも防火活動に取り組んでいきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です