避難訓練を行いました

こんにちは。

なかなか更新できないままに、季節はすっかり秋へと移り変わっています。

 

9月に入ってから急に冷え込むようになってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

やまなみの敷地内では、おおきな栗の木が実をたくさん実らせています。

小さな柴栗のイガが落ち始めました。

今年は窓から見える範囲だけでも大量の実がついており、栗の木は、未熟なイガをまずは選別して落とし始めました。

それから、栗の木の近くでは、この真っ赤な実も落ち始めました。

ヤマボウシの実

こちらは、初夏にびっしりと真っ白な花を咲かせていた、あの「ヤマボウシ」の実です。http://yamanami.info/wp/whatsnew/3164/

今年6月ごろの様子(ヤマボウシ)

つい昨日も、メジロたちが群れになって木の上でお食事している場面に遭遇しました。

ヤマボウシは、人間もそのままで食べられ、かつ甘くてけっこう美味しいのですが…このぶんでは、落ちてくる前に全部なくなってしまうかもしれませんね(^_^;)

 

 

 

さて、やまなみでは先日、館内で秋の自衛消防訓練を行いました。

 

お客様が宿泊されている際に火災が起こったことを想定した避難誘導や、消火の際の手順の確認、消防署にもご協力いただき、消防署への通報訓練など、全館を使って実際の火災をリアルにシミュレーションしながらの訓練となりました。

誘導訓練の様子

 

署への通報などはなかなか行う機会もないので、やっておくことでとっさの時の行動に差が出てくるだろうと感じました。

 

また、全員で避難経路の確認を行ったことで、スタッフ同士でも共通認識ができ、安心感が高まったように思います。

いざというときにもお客様の命を守る責任を果たせるよう、普段からの取り組みが大切だなと改めて感じた訓練となりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です