ハチ高原 秋の果物

 こんにちは。

今日のハチ高原も最高のお天気です!

昼間の気温は19度ですが、日向にでていると暑くもなく寒すぎもせず、ぽかぽかして気持ちが良いです。

 

さて、先日やまなみスタッフが山でこんなものを見つけてきてくれました!

アケビなんだかお分かりでしょうか?

そうです、「あけび」です^^!

日本、中国、韓国などで自生している蔓植物で、中の果実が熟すと、紫色の豆のようなところが写真のようにぱっくりと開きます。

 

食べられるところはほとんど種ばかりなので、そのまま口に含んで種だけ出す、という食べ方をします。

私も小学生の頃は学校の行き帰りに見つけてはパクパク食べていたな~と思いながら、かなり久しぶりに食べてみました!

白い果実の部分、紫色の果皮に包まれ黒いぷちぷちが沢山あって、よく見るとなんだかいかにも毒々しいのですが(笑)、毒はありません。

食べてみると・・・甘みが思っていたより強い!

種ごと口のなかに入れていると、そうですね、飴をなめているような感覚でしょうか。ほとんど種なので、おなかはいっぱいにはならないのですが・・・^^;

久しぶりに自然の甘みを感じて、なんだか懐かしい気持ちになりました。

 

私は知らなかったのですが、調べてみると皮の部分も揚げたり炒めたりして食べることができるようなので、さっそく挑戦してみたいと思っております。

 

豊富な種類の樹木が自生している秋のハチ高原では、登山やハイキングをしながら、栗拾いや秋の果物を見つけたりなどの楽しみ方もしていただけます♪

ご家族で、お友達同士でお誘いあわせのうえ、ぜひ気候の良い秋のハチ高原にお越し下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です