ハチ高原へのアクセス②~公共交通機関編~

こんにちは!

本日のハチ高原は久々にぱぁっと晴れ渡りました!

今日のお昼も気温は20度程でしたが、日差しがあるかないかでかなり体感が違いますね!

 

さて本日は、前回の記事に引き続きハチ高原へのアクセス方法についてお伝えしていこうと思います。

前回もお伝えしました通り、主なアクセスの方法としては以下の3つです。

 

①車

②公共交通機関『電車+路線バス』or『電車+タクシー』

③スキーバスツアー(冬季)

 

今回は ②公共交通機関『電車+路線バス』or『電車+タクシー』 についてご紹介していきますね^^!

 

公共交通機関を利用してハチ高原までお越しになる際には、まずは電車でJRの『八鹿』という駅までお越しください。

八鹿

↑八鹿駅

ご覧のとおりの、のどかな駅です・・・。自動改札機はいまのところまだないですが、18:45までは親切な駅員さんがいらっしゃいます。切符を渡してお降りください^^

 

ここから先は、タクシーorバスの、2パターンの行き方がございます。

【タクシーを利用する場合】

八鹿駅からハチ高原までは、タクシーのご利用だと(季節にもよりますが)約40~50分というところでしょうか。ご料金は、1万円前後くらいの目安です。

<主なタクシー会社>

■丸八観光タクシー(有) 079-662-6208

http://www.hyogobus.or.jp/contents/syokai_page/maruhachikannkou.html

■全但タクシー(株) 079-662-4128

http://www.hyogobus.or.jp/contents/syokai_page/zentantaxi.html

 

【バスを利用する場合】

道程

 

八鹿駅からバスをご利用の場合には、2つのルートがございます。

1つ目は、①→②のルート。

八鹿駅から全但バス『鉢伏行』にお乗りいただき、そのままずーっと乗車し続け、終点の『鉢伏』というバス停で下車します。そこからは、歩くとハチ高原までまだ40分くらいかかるので、宿に送迎を依頼することをおすすめします。

やまなみでは、鉢伏のバス停まで無料で送迎を承っております^^!

お待たせしないために、予約時もしくは前日までに、送迎が必要な旨をお知らせください!

 

※このルートは、雪で「鉢伏」のバス停~ハチ高原までの道が閉鎖されてしまうため冬季はご利用いただけません!充分ご注意ください!

 

2つ目は、①→③のルート。

途中の『出合ターミナル』というバス停でバスの乗り継ぎをしなくてはなりませんが、直接ハチ高原までお越しいただけます。ハチ高原内のバス停も、やまなみから徒歩5分圏内(夏季)です!

出合ターミナルでは、八鹿駅から乗ってきた「全但バス」から、「せきのみやふれあいバス」という小型バスに乗り継ぎます。もうひとつ、別の方面へ行くバスが停車している場合もありますが、「ハチ高原行き」に乗って下さいね^^

運転手さんは殆どが地元の方で、話しかけるとめちゃくちゃフレンドリーなので、ぜひお気軽に、バスの行き先を聞いてみてください。

 

以上になります。

 

バスは1時間に1~数本しかないところもあり、バスご利用の際には、乗り継ぎに失敗すると途中のバス停で1時間以上待ち・・・ということにもなりかねません!(私も学生の頃、何度も悲しい思いをしました・・・)

時刻表を事前にお確かめの上、お出かけください。

 

<時刻表>

■全但バス http://www.zentanbus.co.jp/jikoku/16.pdf

■せきのみやふれあいバス http://www.city.yabu.hyogo.jp/3785.htm

 

 

乗り継ぎ等は少しややこしいですので、もしご不安な場合はどうぞお気軽にお電話でお尋ねくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です